Pocket

安心と安全をすべての皆さまへ

プリンセス・クルーズでは、厚生労働省や国土交通省だけではなく、米国疾病予防管理センター(CDC)などとも連携し、日々変化する状況に応じて安全対策に取り組んでいます。すべては皆様が安心して、その上で快適にクルーズをお楽しみいただくために。これからも徹底した対策を実施して参ります。

安全にも心を込めて
プリンセス・クルーズ安全対策3原則

運航再開時には旅客数を定員の約半数に制限した上で、ソーシャルディスタンスの確保や3密回避などの対応はもちろん「残さない」「持ち込まない」「拡げない」を徹底した取り組みを行います。

【 残さない 】ダイヤモンド・プリンセスの大規模消毒、備品の新品交換

  • 2020年3月、WHOやCDC、国立感染症研究所の指示のもとで策定され、厚生労働省が確認した大規模消毒作業を約150名の専門家とともに実施しました。
  • 船内の備品(マットレスを含む寝具、タオル、カーテン、本、おもちゃなど)も、すべて新品に交換しました。

本船消毒作業完了および検疫解除の証明として、横浜検疫所より検疫済証の交付を受けました。

【持ち込まない】COVID-19の乗船前検査の徹底、乗務員の健康管理

  • すべてのお客様のCOVID-19乗船前検査、非接触の体温測定、健康質問票の入力を徹底。症状がある方には、乗船を許可する前に、追加の医療スクリーニングと検査を実施。
  • 乗務員も全員、COVID-19の乗船前検査および毎日の健康チェックを徹底して実施。

【 拡 げない 】 換気システムの強化、COVID-19対応の医療班が常駐

  • 客船の換気フィルターをMERV-13レベルにアップグレードして換気システムを強化。空気中の粒子の大部分を除去することにより、新鮮な空気を最大限に活用し、空気のろ過を強化。
  • 空気は、5~6分ごとにパブリックスペースと客室全体で交換。
  • 空気が循環されるエリアでは、紫外線(UVC/UVGI)を照射することで、空気中のウイルス等の物質を殺菌する次世代衛生システムを新規に採用。
  • 医務室は、陰圧管理され、HEPAフィルター(高性能エアフィルター)を導入。また、隔離室も同じく陰圧管理の上、MERV-13フィルターを採用し、さらにUVC紫外線照射して空気を殺菌。
  • 船内にはCOVID-19の対応に関する特別研修を受けた医療班が常駐。
  • COVID-19の症状の緩和に効果の見込まれる薬を船内に常備。
  • 船内においてCOVID-19の検査を受けることが可能。
  • 寄港地観光ツアーについては、COVID-19をはじめとした状況に応じて各地の保健当局や政府関係者と連携し、訪問するすべての寄港地の健康規定に従い実施。

ご出発前·ご乗船時の安全性の確認

旅程の安全性確認と積極的な取り組み

世界の健康に関する状況や規制を確認し、必要に応じて旅程を調整いたします。

乗船前に健康状態を確認します

乗船前にすべてのお客様と乗務員を対象に健康管理の慣行(ベストプラクティス)に従って強化された健康スクリーニングを実施いたします。発病の症状があるお客様の乗船は認められません。

乗船時の検温·検診を行います

乗船時に、すべてのお客様と乗務員を対象としたスクリーニングを行います。

  • 非接触での体温測定
  • 健康質問票の提出
  • 二次スクリーニング(必要に応じて)
  • クルーズ中の健康状態の確認(必要に応じて)

客船ターミナルの消毒を強化します

乗船ターミナルは、新型コロナウイルスに効果的で安全な消毒剤を使用して徹底的に消毒されています。また、よく触れられる場所はより頻繁に消毒されます。

ご乗船中の消毒徹底と医療規定を改定

乗船中のマスクの着用とソーシャルディスタンスの確保

日本発着クルーズでは全ての乗務員へマスクの着用を義務付けます。また全てのお客様においてもマスクの着用をお願いいたします。乗船客をグループに分け、その行動の流れやタイミング、人数を調整することで、身体的距離の確保を管理します。さらに、船内および陸上で健康を維持する方法などの情報を定期的に提供いたします。

換気システムの改善

客船のHVACシステムのアップグレードにより、空気のろ過を強化します。これらのシステムは、5〜6分ごとにパブリックスペースと客室全体で空気が交換されるように設計されています。さらなる安全対策として、医務室や隔離室などの主要エリアには、HEPAフィルター(高性能エアフィルター)を導入します。

船内消毒の強化

米国疾病予防管理センター(CDC)と連携して開発された洗浄および消毒規定を使用します。客室やパブリックエリア、特に人が触れる場所を新型コロナウイルスに効果的な消毒剤で消毒します。

手洗いや手指消毒をお願いします

すべてのダイニングおよび、ブッフェの入り口に手洗い場や手指消毒剤を設置しております。スタッフが入場前に、お客様へ手洗いを励行するよう誘導いたします。その他、船内の人通りの多い場所には手指消毒剤を追加で設置いたします。

乗務員の健康のために

乗務員の健康も非常に重要なことだと考えています。そのため、私たちは対応策や規定を強化しています。乗務員は、強化されたスクリーニングを受け、病気の兆候を示す乗務員は乗船できません。また、クルーズ中に健康診断も適宜実施します。

COVID-19対応の医療チームが常駐します

船内の医務室にはCOVID-19の対応に関する特別研修を受けた医療チームが常駐します。また、以下のような対応をいたします。

  • 船内における潜在的な感染者確認のための、船内または陸上でのCOVID-19の検査が可能な指定研究所
  • 救命救急を含む外来と入院の両方の施設を備えたメディカル・センター(医務室)
  • OVID-19の症状を改善する薬を船内に常備
  • 船上で病気が発生した場合の緊急連絡先の事前登録
  • 隔離室などへのHEPAフィルターによる空気のろ過システムの導入
  • 地域および各地の医療提供者とのパートナーシップ